【倉敷の不動産売却】不動産登記のための印鑑証明書や住民票の注意点

公開日:

カテゴリー: 倉敷の不動産を売りたい!ときに読むブログ  タグ:  | | | | | | | | | | | |

マイナンバーカードで印鑑証明書などをコンビニ交付

 

 

倉敷市役所でもマイナンバーカードの受け取りの窓口が混み合う昨今ですが、そのマイナンバーカードのメリットとして、最寄りのコンビニエンスストアで倉敷市の住民票の写しや印鑑証明書、住民票記載事項証明書、市県民税(取得・課税)証明書を取得することができます。

 

 

毎日6:30から23:00までなら土日(年末年始を除く)でも利用できるので、わざわざ市役所や支所に行かなくても、コンビニで取得できれば、毎日を忙しく生活されている方にはとても便利なサービスです。

 

不動産登記のための印鑑証明書などの注意点

 

 

不動産のお取引・決済時のときには、不動産登記のために売主さまは発行から3ヶ月以内の印鑑証明書や場合により住民票の写しなどが必要となりますが、

 

当社では、必ず市役所や支所で交付を受けた印鑑証明書や住民票の写しなどをお取引にお願いしています。

 

コンビニ交付はダメなの?

 

 

では、コンビニでの交付はダメなの?思われますが、

 

コンビニでの交付は市役所での交付と用紙等が異なり、その印鑑証明書や住民票の写しの真贋(しんがん)を登記を担当する司法書士がその場で必ず確認する必要があります。

 

 

真贋(しんがん)の確認は専用の機材が必要となり、決済場所に持ち合わせていない司法書士もいることから、当社ではお客さまにとってはお手数なのですが今まで通り、各市区町村の発行から3ヶ月以内に交付された印鑑証明書や住民票の写しをお願いしています。

 

コンビニ交付ではこんなことも・・・。

 

 

また、司法書士さんとのお話しですと以前のケースとして、コンビニエンスストア内のコピー機の性能や不具合により、普段は印刷されない複写マークが出たり、印刷がかすれたりすることもあり、大切なお取引に支障をきたすこともあるそうです。

 

 

大切な登記のための住民票の写しや印鑑証明書は、お手数ですが最寄りの市役所または支所で交付を受けることをお勧めします。

 

 

 

 

倉敷で不動産に携わる者として不動産売買に関するいろいろな最新情報を、長年の経験からお客さまにご提供し、売主さまのお気持ちに寄り添いながら不動産売却のお手伝いを全力でサポートして参ります。

 

 

倉敷市内で不動産を売るときも、買うときも倉敷の不動産売買専門ショップ株式会社おおたか不動産へお気軽にご相談ください。

 

 

倉敷で不動産売買歴33年のプロフェッショナルがお客さまおひとりおひとりに最適なご提案を致します。

 

査定依頼のリンクバナー

 

査定はちょっとと感じるみなさまへ

戸建て売却の相談

 

査定依頼は敷居が高いなぁと感じる方には、

「かんたん査定」もご用意しております。

 

 

「誰にも知られず、こっそりと!」すぐその場で、想定価格が分かります。

 

他業者の価格査定のホームページのように、お名前や連絡先も入力する必要がありません!

 

 

かんたん査定のフォーム

 

 

マンション、戸建て、土地の種別をタブで選び、

あとは所在地と、面積や築年数を入力するだけの

 

『らくらく30秒♪で、

すぐ分かる!いま分かる!!』

 

 

▼かんたん査定はコチラから♪

 

 

 

※但し、周辺の事例から規模と取引価格のみを抽出した簡易査定になりますので、不動産の状況により訪問査定に比べ誤差を生じます。あくまで目安のひとつとお考えください。

 

お問合せフォームへ

 

この記事を書いた人

株式会社 おおたか不動産 有本博一代表取締役
こんにちは、
倉敷の不動産売買専門ショップ!
株式会社おおたか不動産の有本です。

倉敷で不動産売買に携わって33年。
地元の倉敷市内で、不動産の売却をお考えのお客様に沢山お会いして、プロフェッショナルの立場から親切・丁寧を第一に最善のご提案し、売却のご依頼を頂いております。

これから、倉敷市内で土地や一戸建住宅、マンション、空き家など、相続、所有する不動産を

「売りたい!」

みなさまの少しでも参考になればと思い、倉敷の不動産に関する疑問・質問の解説を、長年不動産売買を経験したプロの目線でこのブログで書いて参りますので、宜しければお付き合い下さい。