【倉敷の不動産売却】倉敷市内の公示地価が発表されました。

公開日:

カテゴリー: 倉敷の不動産を売りたい!ときに読むブログ

公示地価が発表

 

2021年の公示地価が国土交通省から先日発表されました。
公示地価とは、国が毎年3月にその年1月1日現在の標準地を土地として評価し公表される地価です。

 

全用途(住宅地、宅地見込み地、商業地、工業地)の全国平均は昨年に比べ-0.5%と6年ぶりの下落となりました。

 

倉敷市の公示地価は・・・。

岡山県内の全用途は-0.5%、住宅地は-0.6%と28年ぶりに上昇した昨年からの下落でした。

 

 

では、「倉敷に所有する不動産売却ももう少し様子を見たほうが・・・。」と思われるかもしれませんが、

 

 

実は旧倉敷、水島、玉島、児島、真備、船穂のエリア別にみてみると、旧市内は下落した地点は殆どなく地価が上昇し、郊外になればなるほど大きく価格は下落し、地価の2極化がなお一層顕著になりました。

 

倉敷市内中心部の街並み

 

倉敷市内の住宅地の82ある標準地うち約半分の42地点が下落となりましたが、細かく分析してみると地価が下落した地点は児島、玉島、水島方面が約8割程度をしめています。

 

倉敷市の不動産市況

 

販売中の物件を見てみても中心部は価格が高く推移しなお上昇、現在需要の少ない郊外は地価が見通しにくい状況が続きます。

 

 

中心部の価格上昇については、割高感が購入者に浸透しつつあり敬遠される方も見受け始めました。

 

 

また、郊外については人口減を原因とした需要の低下から今後地価の下落は避けることができない状況であることを踏まえたうえで上手な不動産売却を考えていく必要があります。

 

倉敷市の不動産売却のタイミング

西中新田を売却されたM様

 

不動産売却をお考えのみなさまは所有不動産のエリアの今後の地価推移を考慮しながら売却のタイミングをご検討されることをお勧めします。

 

 

倉敷市内で不動産を買うときも、売るときも不動産売買専門ショップ株式会社おおたか不動産へお気軽にご相談ください。

 

 

倉敷で不動産売買歴32年のプロフェッショナルがお客さまおひとりおひとりに最適なご提案を致します。

 

査定依頼のリンクバナー

 

査定はちょっとと感じるみなさまへ

戸建て売却の相談

 

査定依頼は敷居が高いなぁと感じる方には、

「かんたん査定」もご用意しております。

 

 

「誰にも知られず、こっそりと!」すぐその場で、想定価格が分かります。

 

他業者の価格査定のホームページのように、お名前や連絡先も入力する必要がありません!

 

 

かんたん査定のフォーム

 

 

マンション、戸建て、土地の種別をタブで選び、

あとは所在地と、面積や築年数を入力するだけの

 

『らくらく30秒♪で、

すぐ分かる!いま分かる!!』

 

 

▼かんたん査定はコチラから♪

 

 

 

※但し、周辺の事例から規模と取引価格のみを抽出した簡易査定になりますので、不動産の状況により訪問査定に比べ誤差を生じます。あくまで目安のひとつとお考えください。

 

お問合せフォームへ

 

この記事を書いた人

株式会社 おおたか不動産 有本博一代表取締役
こんにちは、
倉敷の不動産売買専門ショップ!
株式会社おおたか不動産の有本です。

倉敷で不動産売買に携わって33年。
地元の倉敷市内で、不動産の売却をお考えのお客様に沢山お会いして、プロフェッショナルの立場から親切・丁寧を第一に最善のご提案し、売却のご依頼を頂いております。

これから、倉敷市内で土地や一戸建住宅、マンション、空き家など、相続、所有する不動産を

「売りたい!」

みなさまの少しでも参考になればと思い、倉敷の不動産に関する疑問・質問の解説を、長年不動産売買を経験したプロの目線でこのブログで書いて参りますので、宜しければお付き合い下さい。