【倉敷の不動産売却】建物の補修と清掃

公開日:

カテゴリー: 倉敷の不動産を売りたい!ときに読むブログ  タグ:  | | | | | | | | | | | |

建物のお引渡し時の補修や清掃

子供部屋のイメージ

倉敷市内の不動産売却をご希望の所有者の方より、

「建物の補修や清掃等、どのような状態でマイホームなどの建物を引き渡せばよいのですか?」

とご質問を受ける事が御座います。

 

 

倉敷の所有するマイホームなどの建物が付いた不動産を、

中古住宅として売却、販売する為には、

購入者もお住いするために購入することから、

お家として最低限の機能を有する必要があります。

 

マイホームのイメージ

 

従って、売主様がご存知の雨漏りや、シロアリ被害、傾き、

設備などの不具合は補修をして販売することが

望ましいと当社では考えます。

 

補修の費用がかかるので・・・

 

一部の不動産業者さんでは、

「補修には費用がかかるのでそのままで・・・。」

とお話ししているケースもあるようですが、

不具合は、必ず買主様へ告知する必要があります。

 

 

補修をせず、そのままの状態で販売することで、

販売スケジュールの長期化による価格の値下げや、

買主様からのリフォーム費用の価格交渉、

お取引後のトラブルの原因となり、売主様にメリットがありません。

 

契約不適合責任

法律のイメージ

 

また、令和2年4月1日から施行された民法改正により、

売主は、物件を単に現況で引き渡すだけではなく、

契約内容に適合した物件を引き渡す契約上の債務を負う

という考え方を前提に、物件に欠陥があれば

売主は債務不履行責任を負うという契約不適合責任に改められました。

 

当社では・・・。

西中新田を売却されたM様

 

空き家になって、お住いではなかった建物については、

建物の雨漏りや、設備の不具合に気付きにくく、

中古住宅としての売却には特に注意が必要です。

 

 

当社では、建築の担当者を同席のうえ、

先日も、久しく空き家にされていたお客様の

お家を確認させて頂きました。

 

 

空き家になった建物は、建物の中に風が通らないと、

痛みが急速に進みます。

 

雨漏りのイメージ

 

また、使用していない給湯器や配管、設備についても、

サビなどが発生し、故障の原因となります。

 

 

今回のケースでは、お近くに暮らすご両親さまが

定期的に建物を使用されていただめ、建物の状況は良好でした。

 

補修することの賢いメリット

 

倉敷市内で建物が付いた不動産を売却するときには、

マイホームとして購入するお客様のお気持ちを考えれば、

一番分かりやすいと思います。

 

費用がかかって不安なイメージ

 

例えば、売主様より給湯器の調子が悪いと聞いたら、

購入をご検討の方は、自分が修理しないといけないので、

追加で費用負担が発生すると感じます。

 

 

それが修理されたものであれば、

「給湯器の調子が悪かったので修理しました。」

で済むと思います。

 

ちょっとしたコツを示すイメージ

 

ちょっとしたことではありますが、

不動産を上手に売却する上でのコツでもあると思います。

 

掃除のイメージ

 

清掃については、

ハウスクリーニングは費用が掛かりますので、

売主様に一般的な清掃を当社ではお願いしています。

 

 

ケースバイケースで、さまざまなご提案を致しますので、

倉敷市内のマイホームなどの不動産売却は、

不動産売買専門ショップおおたか不動産へお任せ下さい。

ご相談をお待ちしております。

 

倉敷で不動産売却をサポート

 

 

この記事を書いた人

株式会社 おおたか不動産 有本博一代表取締役
こんにちは、
倉敷の不動産売買専門ショップ!
株式会社おおたか不動産の有本です。

倉敷で不動産売買に携わって32年。
地元の倉敷市内で、不動産の売却をお考えのお客様に沢山お会いして、プロフェッショナルの立場から親切・丁寧を第一に最善のご提案し、売却のご依頼を頂いております。

これから、倉敷市内で土地や一戸建住宅、マンション、空き家など、相続、所有する不動産を

「売りたい!」

みなさまの少しでも参考になればと思い、倉敷の不動産に関する疑問・質問の解説を、長年不動産売買を経験したプロの目線でこのブログで書いて参りますので、宜しければお付き合い下さい。