【倉敷の不動産売却】住宅ローン返済中のマイホームを売却するときは?(1)

公開日:

カテゴリー: 倉敷の不動産を売りたい!ときに読むブログ  タグ:  | | | | | | | | | |

住宅ローン返済中のマイホームを売るときは・・・。

 

倉敷市内にマイホームを購入するときには、住宅ローンを利用される方がほとんどですが、

「住宅ローン返済中に、転勤や住替えなどにより、売却することは可能でしょうか?」

とご相談を受けることが御座います。

 

販売する価格より・・・。

 

倉敷市内の一戸建て住宅やマンションのマイホームを売却されるときには、

販売価格ばかりが先行されますが、

それよりも住宅ローン返済中の場合に一番肝心なのは、

現在返済中の住宅ローンの残債(住宅ローン返済表の元金)と、

売却に掛かる諸費用(お引越し代や仲介手数料、境界確定、設備の補修、抵当権抹消費用、契約印紙代等)を

含めた金額が売却価格で賄えるかどうかです。

 

因みに売却に掛かる諸費用ひとつとっても様々で、所有する不動産の状況により大きく異なります。

 

 

最近では、総合査定サイトもたくさん見受けられますが、

特に中には、不動産売却の媒介を取るため、市況よりも査定価格を高く提示する不動産業者には注意が必要です。

 

市況よりも高い価格での販売には注意

 

周辺相場より高い査定評価で販売を始め、

反響が少ないことから、値下げしてしまえば、

想定していたキャッシュフローではなくなってしまい、

仮に買主様が見つかったとしても、売買価格や、販売のために必要な費用を含めた金額が、

住宅ローンの残債を下回れば、足らずの費用を預金等で補うことが必要となります。

 

 

販売価格も大切ですが、

当社では、倉敷市内の過去の周辺不動産販売事例を尊重し、

本当に売却出来る価格と、売却に必要な諸費用を計算した上、

あなたの大切な資産の売却をご提案しております。

 

 

また当社では倉敷市内で、お取引された土地、一戸建て住宅、マンションを

エリアや、面積に区分けしてホームページで公開しておりますので、

ぜひご参考ください。

 

倉敷市内の販売事例一覧

 

不動産の相場は、需要と供給のバランスで成り立ちますから、

過去の取引事例を重視し、販売価格を決めることが重要です。

 

倉敷市内の販売事例一覧へ

 

 

残債の精算や、金融機関とのお打ち合わせもサポート

マイホームのイメージ

不動産売買を行う場合において、

当社では借入先の金融機関と事前に残債や、書類のやり取りなどお打ち合わせを行い、

決済当日は売主様の売買代金の受け取り、返済中の住宅ローン完済、抵当権の抹消登記など最後までしっかりサポートしてお取引して参りますので、ご安心ください。

 

その他、倉敷市内の不動産取引のご相談は、

倉敷の不動産売買専用ショップおおたか不動産へおまかせください。

 

倉敷で不動産売却をサポート

 

査定依頼は敷居が高いなぁと感じる方には、

「かんたん査定」もご用意しております。

 

 

「誰にも知られず、こっそりと!」想定価格が分かります。

 

 

かんたん査定のフォーム

 

 

マンション、戸建て、土地の種別をタブで選び、

あとは所在地と、面積や築年数を入力するだけのらくらく30秒♪で、すぐ分かる!いま分かる!!

 

▼かんたん査定はコチラから♪

かんたん査定はこちらから

 

 

 

※但し、周辺の事例から規模と取引価格のみを抽出した簡易査定になりますので、不動産の状況により訪問査定に比べ誤差を生じます。あくまで目安のひとつとお考えください。

 

この記事を書いた人

株式会社 おおたか不動産 有本博一代表取締役
こんにちは、
倉敷の不動産売買専門ショップ!
株式会社おおたか不動産の有本です。

倉敷で不動産売買に携わって32年。
地元の倉敷市内で、不動産の売却をお考えのお客様に沢山お会いして、プロフェッショナルの立場から親切・丁寧を第一に最善のご提案し、売却のご依頼を頂いております。

これから、倉敷市内で土地や一戸建住宅、マンション、空き家など、相続、所有する不動産を

「売りたい!」

みなさまの少しでも参考になればと思い、倉敷の不動産に関する疑問・質問の解説を、長年不動産売買を経験したプロの目線でこのブログで書いて参りますので、宜しければお付き合い下さい。