査定報告書ってどんなものですか?

公開日:

カテゴリー: 倉敷の不動産を売りたい!ときに読むブログ  タグ:  | | | | | | | | | | | | | |

「査定報告書ってどのようなものですか?」

 


査定報告書は、当社では「物件査定レポート」と申します。

 

 

おおたか不動産の物件査定レポート

 

 

査定報告書も業界で統一されたものはありませんので、各社独自のものになります。

 

私もいろいろな不動産業者さんの査定報告書を見たことがありますが、A4サイズで1枚のものとか、それに住宅地図や、法務局で取得する公図、謄本がついて5~6枚程度のものが、ほとんどでした。

 

当社の場合は、A4サイズで約50枚の『物件査定レポート』として、親切・丁寧にわかりやすく、ご報告させて頂きます。

 

 

物件査定レポート2

 

 

これって、お客様の大切な不動産だから、しっかり調査させて頂いて、売主様にも所有者様だから知っておいて頂きたいことや、販売する上で物件のお勧めポイントや、反面のリスクを分かって頂きたい私の思いからです。

 

 

物件査定レポート3

 

 

当社の物件査定レポートの内訳

 

1.査定物件周辺の現在の取引事例データ、市況性や流通性からみた販売価格と、当社独自のチャレンジ価格は、倉敷での不動産業界32年のプロフェッショナルとしての私見をご提案致します。

 

2.弊社独自のデーターベースを使用した物件周辺の過去5年間の販売事例と取引事例データ。

 

3.売買想定単価地図

 

4.物件周辺の地価公示と地価調査地図

 

5.用途地域図

 

6.周辺施設図、住所や施設までの距離や住所も表示(金融機関、交通利便、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学、病院、介護施設、ショッピング施設等)

 

7.周辺の公園や発電施設、観光資源や地域資源、自然保全地域、産廃処理施設等

 

8.統計情報(エリア人口や年齢別の男女比や人口)

 

9.近隣駅地図と距離や乗降客数

 

10.周辺の土地利用状況図

 

11.周辺の標高や傾斜度の地図

 

12.ハザードマップ(活断層や地震の揺れやすさ、地震発生確率、液状化の可能性、浸水想定区域、低位地帯、急傾斜や地すべりの危険箇所データ図

 

13.周辺の避難施設図

 

 

物件査定レポート4

 

 

など一部ですが、それ以外にも、購入希望者にお勧めするポイントや告知しておかなければならないことを事前に調査し、売主様にも知って頂きたい事を『物件査定レポート』で、大切な資産だからこそ、売主様に直接お会いして、丁寧にご説明ご報告致します。

 

 

 

 

倉敷市内の所有される土地や一戸建て住宅、マンション等不動産の売却をお考えのお客様や、お住いでない空き家、利用されていない土地を売りたい方はお気軽に、下記リンクより、査定依頼を宜しくお願い致します。

 

▼査定依頼はコチラから♪

 

 

 

査定依頼は敷居が高いなぁと感じる方には、「かんたん査定」もご用意しております。

 

「誰にも知られず、こっそりと!」想定価格が分かります。

 

 

かんたん査定のフォーム

 

 

マンション、戸建て、土地の種別をタブで選び、あとは所在地と、面積や築年数を入力するだけのらくらく30秒♪で、すぐ分かる!いま分かる!!

 

▼かんたん査定はコチラから♪

 

 

 

※但し、周辺の事例から規模と取引価格のみを抽出した簡易査定になりますので、不動産の状況により訪問査定に比べ誤差を生じます。あくまで目安のひとつとお考えください。

 

 

 

「倉敷の不動産売買専門ショップ株式会社おおたか不動産」にお任せください。

 

 

倉敷の不動産無料査定や売却も取引事例から提案

 

 

この記事を書いた人

株式会社 おおたか不動産 有本博一代表取締役
こんにちは、
倉敷の不動産売買専門ショップ!
株式会社おおたか不動産の有本です。

倉敷で不動産売買に携わって32年。
地元の倉敷市内で、不動産の売却をお考えのお客様に沢山お会いして、プロフェッショナルの立場から親切・丁寧を第一に最善のご提案し、売却のご依頼を頂いております。

これから、倉敷市内で土地や一戸建住宅、マンション、空き家など、相続、所有する不動産を

「売りたい!」

みなさまの少しでも参考になればと思い、倉敷の不動産に関する疑問・質問の解説を、長年不動産売買を経験したプロの目線でこのブログで書いて参りますので、宜しければお付き合い下さい。