【倉敷の不動産売却】2022年の基準地価が発表

公開日:

カテゴリー: 倉敷の不動産を売りたい!ときに読むブログ

 

 

今年の基準地価が発表されました。

 

 

基準地価とは7月1日時点の都道府県地価を

国交省が毎年公表する地価になります。

 

 

今年の岡山県住宅地はマイナス0.7%の

下落で昨年と比べ下落幅が縮小。

 

 

これは岡山県全体の平均値で倉敷市内の

住宅地をみてみると

 

47地点のうち、

上昇が24地点、変動なしが6地点、下落が17地点と

昨年とほどんど変わりませんでしたが、

 

需要が多い旧倉敷市内を中心とした地区は

変動率も2%以上と大きく上昇し、

郊外地区が緩やかに下落している様子。

 

 

 

 

この基準地価をみてみると

利便性が良く需要の多い地区と

郊外との間に地価の二極化が

進行していることがよく分かります。

 

 

 

 

倉敷市内で土地や一戸建て住宅、マンション

などの空き家や使用されていない不動産を

所有されたいる方は大切な資産の目減りを

防ぐためにも

不動産売却をご検討されてみては

いかがでしょうか?

 

 

今後は上昇している地点も倉敷では

2017年から人口が減少していることから

空き家が増えることも予想されます。

 

 

 

 

当社では、倉敷市内のマイホームやお住み替え、

実家の空き家の不動産売却など、

土地や一戸建て住宅、マンションの有効活用の

ために、お客さまのお気持ちに寄り添いながら

疑問やお悩みを、不動産売買の専門家として

地元倉敷で34年お手伝いしてきた

プロフェッショナルが丁寧に解決いたします。

 

 

また相続に関わる、

遺言や家族信託などの経験からご相談もお受けしております。

 

 

岡山県倉敷市で土地や一戸建て住宅、

マンション、空き家などの不動産売却を

お考えのお客さまは

倉敷の不動産売買専門ショップ

株式会社おおたか不動産へ!

 

 

 

 

査定は敷居が高いと感じる方には、

不動産を自分で査定!

個人情報も不要で、

倉敷市内の不動産価格を

かんたん30秒でその場で

相場チェックできるマップも

公開していますのでご覧くださいね。

 

 

この記事を書いた人

株式会社 おおたか不動産 有本博一代表取締役
こんにちは、
倉敷の不動産売買専門ショップ!
株式会社おおたか不動産の有本です。

倉敷市内で土地や一戸建住宅、マンション、空き家など、所有・相続した不動産を
「お家を売りたい!土地を売りたい!マンションを売りたい!」

倉敷で不動産売買に携わって34年。
地元の倉敷市内で、不動産の売却をお考えのお客様のお気持ちに寄り添いながら、不動産売買のプロフェッショナルとしてスピードと丁寧、そしてお客さまのご希望される価格や条件で一日でも早く成約することを第一にその地域の市況やスケジュール、諸費用を含めご提案し、多くの不動産売却のご依頼をいただいております。

そんな不動産売却をお考えの方に参考になればと思い、今まで経験した倉敷の不動産に関するお客さまの事例・疑問・質問をわかりやすく解説しました。長年不動産売買を経験したプロの目線でこのブログで書いて参りますので、宜しければお付き合い下さい。