【倉敷の不動産売却】生前の倉敷の不動産売却は家族信託を利用して

公開日:

カテゴリー: 倉敷の不動産を売りたい!ときに読むブログ  タグ:  | | | | | | | | | | | | | | | | | | |

倉敷市内の不動産売却理由はいろいろ。

戸建て売却の相談

 

 

当社では、倉敷市内にお住まいのご両親さまの

不動産売却を依頼いただくことも多くあります。

 

 

売却理由も、お子さまがお住まいの地域への

お住み替えや、介護施設への入居のため

空き家になるなどさまざまなケースがあります。

不動産売却で一番大切なこと

 

 

一番大切なことですが、

ご両親さまが所有する不動産を売却する場合、

必ず所有者さま本人から不動産売却の

意思表示がかならず必要です。

 

 

認知症などで意思表示ができない場合は、

その不動産を売却することはできません。

 

 

本人が意思表示できない場合は

後見人制度も利用できますが、

家庭裁判所の法定後見人の選任や

それに対しての報酬など

超えなければいけないハードルが高く、

個人的には問題点も多いことから

当社としてはお勧めしにくいのが現状です。

将来の備えとして・・・家族信託。

権利証のイメージ

 

 

もし、将来的にご両親の介護施設の入居や

介護費用のためにご両親さま所有の

不動産売却をお考えなら、

認知症などで意思表示ができなくなることも想定し、

ご両親さまがお元気なうちに

家族信託をすることをお勧めします。

 

 

家族信託とは、

所有者名義人(委任者)が意思表示ができなく

なったとしても、受任者の意思により名義人の

大切な資産でもある預金や不動産の管理、処分

することが可能になります。

 

 

但し、この家族信託は不動産所有者名義人

でもある委任者が意思表示をできることが

大前提となります。

 

そのためご両親や名義人がお元気なときから

そのために備えておくことが肝心です。

 

 

 

 

また、税制面からその不動産売却益は

所有者名義人でもある委任者のもので

あることも忘れてはいけません。

倉敷市内で家族信託登記された不動産を売買したケース

 

 

当社でも、ご両親の介護のために倉敷へ

移住されたお子さまが信託登記をされていた

不動産売却をお取り引きさせていただきました。

 

 

 

 

家族信託登記をした経緯なども

お伺いしたところ、

介護費用のことやこれからのご両親さま

との生活と、年齢的に今後意思表示が

難しくなることを考慮し、

約3年まえにご両親さまが入院されていた

医療関係者からの勧めもあり家族信託登記を

知り手続きを行ったとのことでした。

 

 

マンションのエントランス

 

 

その後、

ご両親さまの介護や今後の生活たため、

ご両親さまとお住まいで所有する

倉敷市内郊外のお庭のついた一戸建て住宅を

売却し、利便性に優れた倉敷駅前の

マンションにお住み替えをされました。

 

 

当社へ倉敷市内のご実家の不動産売却を

依頼をいただいたときには、所有者名義人でも

あるご両親さまは意思表示が難しい状況で、

家族信託登記がなされていなければ

現家を売却することができず、

相続のときまで待つしか方法がなかったと思います。

 

 

個人識別情報通知のイメージ

 

 

私自身も、長年の不動産売買の中で、

家族信託を取扱うはじめてのケースで、

所有者のご両親さまやお子さまの

お気持ちなども含め多くのことを学びました。

 

 

実際、当社へ所有者のご両親さまが

認知症などによる意思表示が難しい状況で

不動産売却のご相談いただくことも多く、

お客さまのお気持ちを察してもその不動産売却を

お断りしなければなりません。

 

 

ちょっとしたコツを示すイメージ

 

 

このような不動産に関するお客さまの

お悩みが少しでもなくなればとの想いで

その道しるべとしてお話しいたしました。

家族信託のまえにまずはみなさまでお話しを・・・。

 

 

実際は、なかなかご両親さまがお元気なときに、

家族信託の話しなどしにくいと思います。

 

 

しかし、先程申し上げましたように認知症などで

意思表示ができなくなれば家族信託をすること

はできません。

 

 

そのためにも、介護が必要となる将来を見据え、

ご両親さまと一度ゆっくりみなさまで

お話しすることを当社ではお勧めします。

 

 

遺言公正証書のイメージイラスト

 

 

また、相続時の財産分与について心配な方には、

検認が不要な遺言書の公正証書遺言または

法務局の自筆証書遺言書保管制度も

お勧めしております。

 

 

家族信託登記や遺言書のことなど、

大切な資産でもある倉敷の不動産の関して

丁寧にご説明致しますのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

おおたか不動産の代表有本博一です。

 

 

倉敷市内でのお住み替えや実家の空き家

不動産売却など、土地や一戸建て住宅、

マンションの売りたいお客さまの

お気持ちに寄り添いながら疑問やお悩みを、

不動産売買の専門家として

地元倉敷で34年お手伝いしてきた

プロフェッショナルが丁寧に解決いたします。

 

 

また、相続に関わる、遺言や家族信託などの

ご相談もお受けしております。

 

 

 

 

岡山県倉敷市で土地や一戸建て住宅、

マンション、空き家などの不動産売却を

お考えのお客さまは

倉敷の不動産売買専門ショップ

株式会社おおたか不動産へ!

 

 

心よりお問い合わせをお待ちしております。

 

 

この記事を書いた人

株式会社 おおたか不動産 有本博一代表取締役
こんにちは、
倉敷の不動産売買専門ショップ!
株式会社おおたか不動産の有本です。

倉敷市内で土地や一戸建住宅、マンション、空き家など、所有・相続した不動産を
「お家を売りたい!土地を売りたい!マンションを売りたい!」

倉敷で不動産売買に携わって34年。
地元の倉敷市内で、不動産の売却をお考えのお客様のお気持ちに寄り添いながら、不動産売買のプロフェッショナルとしてスピードと丁寧、そしてお客さまのご希望される価格や条件で一日でも早く成約することを第一にその地域の市況やスケジュール、諸費用を含めご提案し、多くの不動産売却のご依頼をいただいております。

そんな不動産売却をお考えの方に参考になればと思い、今まで経験した倉敷の不動産に関するお客さまの事例・疑問・質問をわかりやすく解説しました。長年不動産売買を経験したプロの目線でこのブログで書いて参りますので、宜しければお付き合い下さい。